季節のおススメ情報

ホーム の中の季節のおススメ情報 の中の官営八幡製鐵所

官営八幡製鐵所旧本事務所

明治32年、八幡製鐵所の創業2年前に竣工した日本と西欧の建築様式を併せ持つ赤煉瓦建造物。長官室や技監室、外国人顧問技師室などのある中核施設として大正11年まで使用された後、研究所や検査室として
利用された。 ふくおか旬のごちそう 三池炭鉱
 日本の近代化をもたらした本格的な製鉄施設は江戸末期、盛岡藩士・大島高任が釜石で鉄鉱石を原料にした洋式高炉に始まる。明治13年には釜石に初の官営製鉄所が建設されるが2年で挫折。民間に払い下げられた後、技師・野呂景義らがコークスによる銑鉄生産に成功するが鉄鋼とその製品を造る設備はなかった。

 だが殖産興業政策によって鉄鋼の需要は増え続ける一方。このため政府は銑鋼一貫製鉄所の建設に乗り出し、明治30年、筑豊炭田に近く洞海湾に面する八幡村に場所を定めた。

 技監として欧米に派遣された大島高任の息子・道太郎の提案により、設計から建設までドイツの製鉄会社・グーテホフヌンクスヒュッテ(GHH.)社に依頼。現在、世界遺産登録の候補となっている建造物の多くはこの時期に建設されたものだ。

 明治34年2月、東田第一高炉に火入れが行われ鋼鉄生産が始まったが、当初はトラブルが相次ぎ生産量は目標の半分にも満たなかった。運転資金も底をつき、製鉄所は明治35年に一度休止に追い込まれる。

官営八幡製鐵所修繕工場

明治33年、GHH.社によって建設された、現存する日本でもっとも古い鉄骨構造の建物。3度の増築を経て、現在も修繕工場として使用されている。

官営八幡製鐵所修繕工場

官営八幡製鐵所遠賀川水源地ポンプ室

第一期拡張計画に伴う工場用水の水源および送水施設として明治43年、遠賀川東岸に建設。明治期の色彩残る煉瓦建造物で動力を蒸気から電気に変え、現在も稼働している。

官営八幡製鐵所遠賀川水源地ポンプ室

高炉の再建を託された野呂景義は、現場の職工などからの綿密な聞き取りをもとに高炉を改良し、コッペー式と称する本格的なコークス炉を建設。明治37年に再開された鉄鋼生産は軌道に乗り、日本人による高炉の操業技術が確立する。

 近代製鉄所となった八幡製鐵所(※註1)は、地域経済や関連産業の発展にも貢献した。明治30年に約1,700人だった八幡の人口は、20年後には約8万5千人にまで増加する。三度にわたる拡張工事で生産を拡大、周辺に多くの産業も立地し、北九州工業地帯の中心工場として日本の近代化を支えた。

写真提供/新日鐵住金㈱八幡製鐵所
※八幡製鐵関連遺産は八幡製鐵所構内にあるため、一般には公開していません。

(※註1)創業当初は八幡(やわた)製鐵所と呼ばれていたため当時の呼び方を採用しています。
官営八幡製鐵所旧鍛冶工場
明治33年、製鉄所建設に必要な鍛造品の製造を行う目的でGHH.社の設計・鋼材によって建設された鉄骨建築物。屋根はドイツ式の丸屋根形式となっている。現在は史料室として使用されている。

官営八幡製鐵所旧鍛冶工場

八幡製鐵所の鋼鉄生産を支えた筑豊炭田
八幡製鐵所の鋼鉄生産を支えたのが遠賀川流域一帯に広がっていた筑豊炭田の石炭だ。2011年には山本作兵衛の描いた炭坑画など697点が国内で初めて世界記憶遺産に登録され、うち約630点が田川市石炭・歴史博物館で所蔵されている。

田川市の石炭記念公園内にある旧三井田川鉱業所伊田竪坑櫓と煙突は、2007年に国の有形文化財として登録された。公園内には「石炭・歴史博物館」もある。

八幡製鐵所の鋼鉄生産を支えた筑豊炭田

寄って味んね

八幡ぎょうざ
製鉄所の労働者たちが安くてスタミナがつく食材を好んで食べていたことや、鉄鉱石などの原料取引が始まり中国大陸の食文化が浸透したことなどが八幡に餃子文化が定着した背景とされる。物資が乏しい戦後、少ない食材で作れる栄養価の高い食べ物でもあった。

鉄鍋に乗せて出すスタイルは「本店鉄なべ」が発祥。

八幡ぎょうざ

鉄なべ餃子の他にも八幡ぎょうざにはスープ焼餃子、揚げ餃子などさまざまな種類がある。市民有志による「八幡ぎょうざ協議会」には約60店が参加している。

北九州イノベーションギャラリー

北九州イノベーションギャラリー
北九州や日本が培ってきた産業技術を未来へつなげる情報拠点として平成19年にオープン。夏まで製鐵所の展示を開催中。

北九州イノベーションギャラリー

●お問い合わせ先 / 北九州市世界遺産登録推進室 ☎093 (582) 2922
●ボランティアガイドのお問い合わせ先 / 北九州市観光情報コーナー ☎093 (541) 4189

バックナンバーを見る