季節のおススメ情報

ホーム の中の季節のおススメ情報 の中の果物狩り 紅葉狩り

果物狩り・紅葉狩り

果物狩り・紅葉狩り ふくおか旬のごちそう 秋 福岡の屋台の楽しみ方

もぎたて果実を頬張る贅沢。料理やスイーツを楽しむ幸せ。

 いちご、柿、ぶどうなどの収穫量が全国上位を占める福岡県には、果物狩りを体験できる果樹園も多くある。いちご狩りなどを楽しめる春もいいが、果物狩りシーズンと言えば、ぶどうや柿、みかんなどの収穫期を迎える秋だろう。果物狩りの魅力は何といっても、もぎたての果物をその場で味わえること。果樹園によっては収穫した果物を使って食事やスイーツを提供する店も併設しているので、営業時間などを事前にチェックしておこう。
 晩秋にかけてはコスモスが見頃を迎え、木々も色づき始める。秋の味覚を堪能したあとは近くの景観スポットにも足を伸ばし、美しい自然にも触れてみたい。

京都郡みやこ町

松木果樹園 1年を通して開放、家庭栽培のコツも指導

梨、桃・ぶどう・いちじく、りんごなどを栽培。果樹園は1年中開放しており、家庭での果樹栽培のコツも教えてくれる。園内で獲れた果物を使った料理やスイーツが味わえるレストランもある。

松木果樹園
福岡県京都郡みやこ町犀川大坂280-11
TEL:0930(42)3125 営業時間:月~ 日: 10時~19時
入園料:大人200円 小人 100円(4才~小学生まで)
フルーツ狩りは種類によって異なります。
フルーツ工房えふ
TEL:0930(42)3212 ランチタイム
11時~15時※ディナー(17時~ 21時)は予約のみです。

久留米市田主丸町

右田果樹園 行楽客の満足度も高い、大玉で甘味ある柿

柿の産地として知られる耳納山麓にある観光柿園。玄関横には樹齢300年以上とされる高さ20m・幹回り約2mの巨大な甘柿の木がそびえ立つ。大玉で甘味ある柿の栽培で知られ、柿狩りで訪れた行楽客に喜ばれている。作業後には、柿園にある石窯でフルーツピザを焼く楽しみも。

右田果樹園
久留米市田主丸町地徳3024
営業時間:8時~17時 料金:800円/kg TEL:0943(72)2729


久留米市北野町では毎年10月に「コスモスフェスティバル」が開かれる。

うきは市浮羽町・吉井町

うきは市の新川地区では毎年9月中旬~下旬にかけて、棚田のあぜを真っ赤に彩る彼岸花と黄金色の稲穂とのコントラストを楽しむ「棚田inうきは彼岸花めぐり&ばさら祭」が開催される(写真左)。また、吉井町にある「延寿寺曽根のはぜ並木」では、木々が色づく11月中旬から12月にかけて夜間ライトアップされる。

うきは市観光柿農園 県内有数の果樹栽培地域に13軒の観光柿園

筑後川と耳納連山に広がる肥沃な土地と温暖な気候に恵まれ、「フルーツの里」として知られるうきは市は、県内でも果樹栽培が盛んな地域の一つ。いちごやブルーベリー、桃、梨、ぶどうなどの果物狩りが1年を通して行われており、市内に点在する観光農園は総称して「フルーツ王国うきは」と呼ばれる。中でも観光柿園は浮羽町・吉井町に合わせて13軒あり、10月中旬~ 12月上旬にかけて「松本早生」「富有」などの柿狩りが楽しめる。

うきは市観光柿農園 営業時間:9時~ 17時

朝倉市山田

林檎と葡萄の樹 果物狩りの後は、人気のアップルパイを堪能

いちご・りんご・ぶどう・柿・いちじくなどの実が成る果樹園では、8月~ 5月末にかけて果物狩りが体験できる。隣接するアップルパイの店「林檎と葡萄の樹」では、新鮮なりんごをたっぷり使った手作りのパイやケーキなどのスイーツ、りんごカレーなどの軽食を提供している。おススメは人気のアップルパイにバニラアイスをのせた"ア・ラ・モードセット" (飲み物付き960円)。店内ではアップルパイや自家製パンなども販売しており、"りんごとクリームチーズのパン"は特に人気の商品。パスタの店" りんご庵"も新たにオープンし、旬の食材を使ったパスタなどが食べられる。

林檎と葡萄の樹
朝倉市山田758 営業時間:10時~18時 TEL:0946(52)0913

豊前市大字四郎丸

ぶぜん
フルーツランド バーベキューも楽しめる観光農場

周防灘が一望できる広大な敷地で多品種の果物が栽培されており、ぶどう・みかんなどの果物狩りのほか、栗拾い・芋掘りなども楽しめる。園内ではバーベキューもあり和牛肉・地鶏・野菜セット・おにぎり3個がついて1,650円~(要予約)。果物狩りとバーベキューがセットで楽しめる嬉しいプランだ。

豊前フルーツランド
福岡県豊前市大字四郎丸2024-31
営業時間:9時~16時 入園料:300円
料金:1,000円/ kg TEL:0979(83)4622

嘉麻市馬見

フルーツ共和国九州りんご村 行楽客のためだけに栽培されるなし・りんご

馬見山中腹の斜面で地元農家がなし・りんごを栽培、8軒の果樹園がある。市場出荷はせず、果物狩りに訪れる行楽客のために育てた果物は品種も豊富で味もよいと評判。開園期間は8月上旬~ 11月下旬で、敷地内には甘味処、物販店もある。

九州りんご村
嘉麻市馬見1909-8 営業時間:9時~17時 料金:630円/ kg
TEL:0948(57)2580(宮小路果樹組合)

宗像市用山

安武みかん園 特別な栽培法で濃厚な味が評判の温州みかん

宗像市・用山にあるみかん園。この農家でとれる温州みかんは甘みと酸味のバランスがよく、味が濃いと評判だ。「マルチシート」と呼ばれる白いシートを夏から収穫まで全園に敷きつめ、照り返しにより日照を増やし、雨水を制限する「マルチシート被覆栽培」によるもの。温州みかんをはじめポンカン、デコポンなど10種類以上の柑橘を栽培している。みかん狩りは10月から12月中旬まで行うことができる。

安武みかん園
福岡県宗像市用山411 営業時間:9時~17時
入園料:200円 料金:300円/ kg TEL:080(6413)0103

紅葉狩り

 春の花見と並ぶ日本の二大野外イベントである紅葉狩り。日本最古の歌集「万葉集」の中で紅葉の美しさが多く詠まれるなど、古くから根付いてきた日本の文化だ。
 「紅葉狩り」という言葉は、紅葉した木の枝を手に取って(狩る)、色づいた葉を鑑賞したことに由来すると言われる。遠望を楽しむのもよいが、近づいてその美しさを愛でたい。

筑紫郡那珂川町

山田の大銀杏 推定樹齢500年、遠目にも美しい一本木

幹周り5.3m、高さ26mを超える大樹で、推定樹齢は500年。枝ぶりもよく、黄色く色づいた姿は遠目にも美しく映える。そこから那珂川沿いに上った南畑ダム近くの渓谷・釣垂峡は「筑紫耶馬溪」とも言われ、ここも紅葉狩りの名所として知られる。

お問い合わせ先:TEL:092(952)2092 那珂川町教育委員会社会教育課

田川郡添田町

英彦山 ”霊山”の山頂から眼下に広がる景観は雄大

古くから修験場として知られる英彦山では、10月中旬になると木々が色付き始める。ロープカーや参道も整備されており、山頂からの景観を堪能したい。

お問い合わせ先:TEL:0947(82)1236添田町役場まちづくり課観光係

豊前市

犬ヶ岳 九州自然歩道に降り積もる色とりどりの落葉

豊前連山の最高峰で標高1131m。かつて「鬼の山」と恐れられた深く険しい山だが、国指定の九州自然歩道に赤や黄色に染まったカエデやモミジの落葉が降り積もる光景は趣深い。

お問い合わせ先:TEL:0979(82)1111㈹ 豊前市役所 まちづくり課 観光振興係

朝倉市

秋月城跡 ”筑前の小京都”に映える黒と黄紅の対称の美

11月中旬から下旬にかけてモミジの紅葉が見頃を迎える秋月では、県の重要文化財・黒門とのコントラストが美しく、毎年多くの観光客で賑わう。メインストリートである「杉の馬場」には多くの茶店が並び、ゆっくりと城下町の秋を堪能できる。

お問い合わせ先:TEL:0946(24)6758あさくら観光協会

その他のスポットはこちら

バックナンバーを見る