季節のおススメ情報

ホーム の中の季節のおススメ情報 の中の福岡県内「官兵衛」で熱い!

いよいよ舞台は-九州・福岡へ見逃せない!物語はドラマチックに展開!!

いよいよ舞台は-九州・福岡へ見逃せない!物語はドラマチックに展開!! NIGHT IN FUKUOKA 台北 国立故宮博物院-神品至宝-

秀吉と官兵衛の愛憎劇

官兵衛の知略が発揮された”中国大返し”により、秀吉は明智光秀を討ち、その後もライバルを倒し、一気に天下人へと駆け上がる。しかし、強大な権力を手にした秀吉は、それまでとは違った顔を見せるようになる。秀吉は自分に苦言を呈する官兵衛を煙たがるようになり、石田三成のような、自分が言ったことを忠実に行う家臣を重用する。 主従関係にありながらも一心同体だった官兵衛と秀吉の間に、すきま風が吹くようになる。二人の愛憎劇が、これから「軍師官兵衛」の大きな軸として展開していく。

九州での苦渋の選択とすれ違う親子

秀吉の命令で九州攻めを行い、新しい領地を与えられる官兵衛が、新天地でどのような選択をし、どう生き残っていくか?九州編では、城井谷(きいだに)の主、宇都宮鎮房と官兵衛の関係も見どころ。長政率いる黒田軍が鎮房に大敗する”岩丸山の戦い”も起こる。

千利休と官兵衛

秀吉を通じて茶の湯に親しんだ官兵衛は、千利休とも深い付き合いが合った。「軍師官兵衛」でも、利休が秀吉と官兵衛の間に入ったり官兵衛と共闘して秀吉の暴走や権力者としての横暴をたしなめるというシーンが描かれている。利休は最後に秀吉から切腹を命ぜられるが、そこに官兵衛がどのように関わっていくのか?

家康と官兵衛と長政

物語の終盤に向けては、徳川家康がキーパーソンになっていく。長政は、峰須賀小六の娘、糸と結婚していたが、“関ヶ原の戦い”前に離婚して、家康とのつながりがある栄姫と再婚する。家康と長政の関係は深く、長政をめぐる家康と官兵衛との綱引きも見どころ。それがやがて“関ヶ原の戦い”へとつながる。

戦国時代きっての天才軍師・黒田官兵衛の生涯を描く本格戦国時代劇。幾多の苦難を乗り越え、開かれた天下への道。最強軍師の第二章が始まる! ドラマのクランクイン前に主演の岡田准一さんが黒田家墓所(福岡市博多区)で、黒田官兵衛ら黒田家の墓参りをした

訪ねてみよう! 黒田官兵衛ゆかりのスポット

福岡藩主黒田家墓所

崇福寺の黒田家墓所には、官兵衛・長政父子をはじめ歴代藩主や一族など十二基の巨大な石像が立ち並んでいる。

住 所 福岡市博多区千代4-7-79
電 話 092-711-4666
(福岡市文化財保護課)

詳細

福岡藩主黒田家墓所

光雲神社(てるもじんじゃ)

 官兵衛・長政親子を祀る光雲神社の名前は、二人の法名から一字ずつ取って名付けられた。福岡藩士で黒田二十四騎の一人・母里太兵衛の銅像が威風堂々と立っている。

住 所 福岡市中央区西公園13番1号
電 話 092-761-1807

詳細

光雲神社(てるもじんじゃ)

如水の井戸

 福岡城の居館が完成するまで官兵衛は太宰府天満宮内(現・太宰府市)に庵を設け、戦乱で荒れていた天満宮の再興とともに、連歌の会や茶会を開いたといわれている。官兵衛が使った井戸が今も天満宮に残っている。

住 所 太宰府市太宰府4-7-1
電 話 092-922-8225
如水の井戸

   福岡市博物館「特別展・軍師官兵衛」

 戦場で恐れられた官兵衛の赤合子や黒田節でおなじみの名槍「日本号」など、官兵衛ゆかりの品々が展示されている。

住 所 福岡市早良区百道浜3丁目1-1
時 間 9時30分~17時30分
入館は17時まで
休館日 月曜日
(月曜日が祝休日の場合は
開館、翌平日休館)
電 話 092-845-5011
   福岡市博物館「特別展・軍師官兵衛」

福岡城むかし探訪館「福岡城軍師官兵衛ドラマ展」

 福岡藩祖・黒田官兵衛、長政父子によって築城された「福岡城」で大河ドラマ「軍師官兵衛」で使用した衣装や小物、パネル等を展示。ココに来れば登場人物やドラマのストーリーがよくわかる。

福岡城むかし探訪館「福岡城軍師官兵衛ドラマ展」
住 所 福岡市中央区城内1・4
時 間 9時~17時(7・8月は19時まで)
休館日 年末年始(12月29日~1月3日)
電 話 092-260-9572
(福岡城軍師官兵衛ドラマ展事務局)
黒田官兵衛は隠居後「如水(じょすい)」と名乗る

天下統一後の秀吉からその才能ゆえ警戒されていることを敏感に察知した官兵衛は隠居を申し出、如水円清と号すしかし、如水の知略をあてにしていた秀吉は完全な隠居は許さず、如水は秀吉の側に使え続けた。

黒田官兵衛 人物相関図

最新の人物相関図は、NHK大河ドラマのホームページでhttp://www1.nhk.or.jp/kanbe/cast/

  

バックナンバーを見る