季節のおススメ情報

ホーム の中の季節のおススメ情報 の中の長崎街道シュガーロード

キャンプ

長崎街道 シュガーロード 外国との唯一の貿易港であった長崎。技術や文化、舶来品とともに砂糖は長崎から全国へと運ばれた。貴重な砂糖が行き来する長崎と福岡を結ぶ長崎街道沿いには、さまざまな甘い食べものが生み出され、いまに続く菓子文化が花咲いている。 秋の風景 北九州工場夜景を探訪

人、物、文化、技術が行き交う繁栄した文明ロード

 長崎街道は、小倉から筑前六宿を経て、長崎に至る二十五宿、五十七里(228キロ)の道のりだ。江戸時代の鎖国下にあった日本にとって、この街道は海外との交流を許された長崎とを結ぶ最重要の道。また、筑前・筑後・肥前・肥後・薩摩など諸大名の参勤交代のほか、オランダ人や中国人の江戸参府や交易・献上品の運搬に重要な役割を果たしていた。長崎街道を通じて、物や技術、文化が海外と日本を往来していた。福岡藩の藩祖・黒田如水(官兵衛)は、福岡城築城の資材を求めて長崎街道沿いにある内野地区を訪れていたといわれている。

南蛮菓子の製法が伝わり菓子文化が発展

 食文化に大きな影響を与えた「砂糖」。出島に荷揚げされた砂糖は、長崎から小倉へと続く長崎街道を通って、大阪・京都・江戸へと運ばれた。同時に南蛮菓子の製法も伝わり、長崎街道地域は菓子文化が発達していく。南蛮菓子を起源に持つ、「丸ぼうろ」「カステラ」「金平糖」が誕生し、小城や飯塚など菓子製造業が盛んな地域や銘菓が数多い。今なおその技術と味が受け継がれ、長崎街道は「砂糖の道(シュガーロード)」と親しまれている。

シュガーロード
spot data
【長崎街道内野宿 長崎屋】
場所/飯塚市内野3273
詳細ホームページへ

バックナンバーを見る