季節のおススメ情報

ホーム の中の季節のおススメ情報 の中のひなまつり

ひなまつり

春の香りに包まれて、女の子の無事な成長を願う雅なお祭り、桃の節句。歴史ある町がよりいっそう華やぐ季節。 光の祭典&カウントダウン 天神・博多の夜は屋台を楽しもう!

柳川雛祭り さげもんめぐり

春風に揺れるさげもんと雛にちなんだ盛大なイベント

柳川には、昔から女の子が生まれると、ひな壇の前に色とりどりの『さげもん』を飾る慣わしがある。各所で華やかなさげもんの展示をはじめ、柳川きもの日和、おひな様水上パレードなど、イベントがいっぱい。

メイン会場/
柳川市内
期間/
2月11日(土)~4月3日(火)
○3月18日(日)おひな様水上パレード、
○4月3日(火)流し雛祭
電話/
0944-74-0891(柳川市観光案内所)
アクセス/
九州自動車道みやま柳川ICから車で約20分、西鉄柳川駅下車
spot data
【柳川雛祭り「さげもんめぐり」】
場所/柳川市内各所
詳細

筑後吉井おひなさまめぐり

白壁の残る歴史ある町でアンティークなひな人形が勢揃い

白壁土蔵の町並みを背景に、吉井町内の人々が所蔵する、江戸時代から現在までの数多くのおひなさまを各家々や商店、旧家、公共施設に展示。 日曜日は人力車が登場。多彩な体験コーナーや催し物も必見。

メイン会場/
うきは市吉井町一帯
期間/
2月10日(金)~4月3日(火)
電話/
0943-76-3980(うきは市観光協会吉井支局)
アクセス/
大分自動車道朝倉ICから車で約10分、JR筑後吉井駅から徒歩約5分
spot data
【筑後吉井おひなさまめぐり】
場所/うきは市吉井町白壁通り周辺
詳細ホームページへ

雛の里・八女ぼんぼりまつり

箱雛のふるさとは町中がお雛様一色

日本一の玉露生産地であり、和紙や提灯をはじめとする伝統工芸の町、八女。白壁の町並みを中心に100カ所以上で箱びななどのひな人形やひな道具を展示。パレード、十二単衣と束帯姿の結婚式なども行われる。

メイン会場/
八女市福島地区一帯
期間/
2月11日(土)~3月11日(日)
○3月11日(日)おひな様供養祭
時間/
10:00~17:00
電話/
0943-23-1192(八女市観光振興課)
アクセス/
九州自動車道八女ICから車で約10分、JR羽犬塚駅からバスで約20分
spot data
【雛の里・八女ぼんぼりまつり】
場所/八女市福島地区一帯
詳細ホームページへ

ふぐと灯りとひなまつり

3つの催しが一度に楽しめるロマンチックでおいしいひと時

冬の門司港の一大イベント。メイン会場では、「ふぐの巨大ランタン」や「ふぐ神輿」が飾られ、「灯りの祭典」と創作ふぐ料理の「ふぐフェア」、各施設に飾られる「ひな人形」が冬の門司港を盛り上げる。

メイン会場/
旧門司税関、旧大阪商船
期間/
2月4日(土)~3月25日(日)
時間/
9:00~17:00
電話/
093-321-4151(門司港レトロ総合インフォメーション)
アクセス/
九州自動車道門司港ICから車で約10分
spot data
【門司港レトロ「ふぐと灯りとひなまつり」】
場所/北九州市門司区 門司港レトロ地区一帯
詳細

筑前いいづか雛のまつり

飯塚市内全域の会場でお雛様がお出迎え

飯塚市の商店街をはじめ、麻生大浦荘、嘉穂劇場、千鳥屋本家など市内全域で開催される雛まつりは、飯塚の文化が花開くイベント。旧伊藤邸での、二十畳の大広間に「京の花見」をテーマにした日本一の座敷雛は見もの。

会場/
商店街をはじめ飯塚市全域
期間/
2月11日(土)~4月2日(月)(会場によって異なる)
時間/
10:00~17:00※会場により異なる
電話/
0948-22-3511(飯塚観光協会)
アクセス/
九州自動車道八幡ICから車で約40分、JR新飯塚駅から徒歩約20分
spot data
【筑前いいづか雛のまつり】
場所/飯塚市飯塚14-67 (商店街を中心とした市街地全域)
詳細ホームページへ

バックナンバーを見る