季節のおススメ情報

ホーム の中の季節のおススメ情報 の中の平成筑豊鉄道の旅

ノスタルジックなまち歩き 若戸大橋のたもと レトロな港町 若松そして戸畑

途中下車もいいね!自然豊かなのんびり旅へ出かけよう 平成筑豊鉄道の旅 紅葉登山 B-1グランプリin北九州 1日フリーきっぷ(ちくまるキップ) 料金/大人:1,000円/小児:500円

ちくまるの「平筑(へいちく)」ユニークな車両

筑豊・京築エリアの交通機関としてお馴染みの平成筑豊鉄道(へいせいちくほうてつどう)は、旧国鉄特定地方交通線の伊田線・糸田線・田川線三つの総称で、福岡県や沿線自治体が出資する第三セクター方式の鉄道会社である。1989年(昭和64年)に開業し、新元号「平成」にちなんで「平成筑豊鉄道株式会社」として新たなスタートをきった。以来、運転本数、駅数ともJR時代(実質的には国鉄時代)の約二倍に増やすなどの積極的な経営を行い、通学の学生や田川市立病院に通院する高齢者など、年代を問わず重要な交通機関となっている。地元では「平筑(へいちく)」と呼ばれ、キャラクターの「ちくまる」が親しまれている。

地域連携を高めるさまざまなアイディア

「平筑」が地元に愛され利用者に運営まで関心を深めてもらいたいと、さまざまな制度が実現している。線路の枕木のオーナーになってもらう「まくらぎオーナー」制度が話題となり、2008年には列車内のつり革のオーナーになってもらう「つり革オーナー」が募集され、会費はつり革の交換費用の一部となり、わが町の鉄道という意識が高まっている。また、新たな収入源確保のため、2008年7月からラッピング広告の形で車両五両の命名権(ネーミングライツ)を販売。さらに、駅名愛称命名権の募集を行い、現在、16駅において愛称が付けられている。駅名も車両もいたるところユニークさであふれる「平筑」なのだ。

伊田線 直方―田川伊田 16.1km

直方駅 直方歳時館

建物、蔵、庭は、筑豊の5大炭鉱王と称された堀三太郎氏の旧宅。明治31年(1898年)に建てられたものを平成9年から2年を費やして修復した。木造平屋造りの格調高い建物で、無料で見学が可能。福智山を借景にした日本庭園を眺めながら、抹茶・コーヒー(各300円)を楽しむこともできる。

●住所:直方市新町1-1-18
●電話:0949-25-2008
●料金:無料
●アクセス:「直方駅」から徒歩約10分
詳細

直方駅 ジャーマンベーカリー

1932年(昭和7年)創業、シュークリーム(168円)とエクレア(179円)は超人気。甘みがまろやかで、ほのかにブランデーの香りがする。シュークリームとエクレア各1個ずつと、コーヒーのセットは650円。

●住所:直方市古町16-1
●電話:0949-22-1106
●アクセス:「直方駅」から徒歩約3分
詳細

赤池駅 上野焼窯元

江戸前期に高名な茶人でもあった大名、細川忠興が小倉藩主となった際、朝鮮人陶工、尊楷(上野喜蔵)を招いて、豊前国上野に登り窯を築かせたのが上野焼の始まり。江戸時代には遠州七窯の一つにも数えられるほど、茶人に好まれた。茶陶として発展した上野焼は、極めて軽く、薄づくりであるという特徴を現在に伝えている。

●住所:田川郡福智町上野2811
●電話:0947-28-5864
(上野焼協同組合)
●アクセス:「赤池駅」から車で10分
詳細

田川伊田駅 田川市石炭・歴史博物館

石炭のなりたちや採掘方法、また働く人々の生活や様子をイラストやジオラマ展示し、炭鉱の生活の中から生まれた絵画や文学作品も多い。ユネスコの世界記憶遺産となった山本作兵衛氏の絵画・炭坑記録画作品も展示。敷地内には、旧三井田川鉱業所伊田堅坑櫓と二本煙突が当時のまま保存されている。

●住所:田川市大字伊田2734番地の1
●電話:0947-44-5745
●アクセス:「田川伊田駅」から徒歩約8分
詳細

糸田線 金田―田川後藤寺 6.8km

金田駅 松永農場 金田ハム工房

桜の木の燻煙でじっくりと仕上げたジューシーで薫り高く、自然な仕上がりの手作りハムやソーセージは、養豚業を営む松永通孝さんが独学で作り上げたもので、絶品の味わいが楽しめる。

●住所:田川郡福智町神崎130-1
●電話:0947-22-0064
●アクセス:「金田駅」から車で5分

糸田駅 山頭火と緑平の句碑

当時、糸田町の明治豊国病院の内科医であった木村緑平は、漂泊の俳人・種田山頭火(たねださんとうか)の経済的かつ精神的に援助していた友人で、山頭火はたびたび糸田町を訪れていた。2人の文芸活動を記念して俳句が記された句碑やレリーフが建立され、糸田町役場周辺に点在している。

●住所:糸田町周辺
●電話:0947-26-4025
(糸田町役場産業経済課)
●アクセス:「糸田駅」から徒歩約10分
詳細

田川線 行橋―田川伊田 26.3km

行橋駅 大村大月堂 牡蠣しるこ

特産の豊前海一粒かきを模した形のお汁粉で、行橋を代表する味覚。平成21年末に、創業約120年の老舗和菓子店「大村大月堂」から発売された。牡蠣(かき)もなかを二つに割って熱湯をかけてかき混ぜると、もなかが餅状になって美味しいお汁粉に。

●住所:行橋市大橋3-11-20
●電話:0930-22-0149
●アクセス:「行橋駅」から徒歩約10分
詳細

新豊津駅 豊前国分寺

奈良時代の天平13年(741年)、聖武天皇の勅願により建立された国立寺院。戦国時代末期の兵火で焼失したというが、江戸時代に再度伽藍が整備された。三重塔は明治29年(1896年)に建立されたもので、高さは23.5m。二層目軒下の組み物の間には、十二星座が彫り込まれている。

●住所:京都郡みやこ町国分279-1(豊前国分寺跡公園)
●電話:0930-33-5654(国分寺案内所)
●アクセス:「新豊津駅」から徒歩約20分

詳細

柿下温泉口駅 柿下温泉

霊泉と讃えられているラドン温泉は全国でも少ない。柿下温泉は高濃度天然ラドン鉱泉であり、糖尿病や肝臓、神経痛、筋肉痛、リウマチ、高血圧などに効能があるという。強力なイオン作用をもち、血液内の老廃物質、脂肪、コレステロールなどを浄化してくれる働きがあると人気が高い。

●入浴料:大人600円、小人300円(4歳以上)、身障者500円
毎週水曜日は水の日、毎月26日は風呂の日500円(中学生以上)
●住所:田川郡香春町柿下1290
●電話:0947-32-5551
●アクセス:「柿下温泉口駅」から徒歩約15分「田川伊田駅」から徒歩約8分
●ホームページ:http://www.kakishita-onsen.jp/index.html
詳細

源じいの森駅 源じいの森

「緑と清流ほたるの里」の赤村にある「源じいの森」。宿泊施設や研修会議室、多目的ホール、農工芸室、レストランなどがある。日帰りで利用できる温泉館「赤村ふるさとセンター」を併設。露天風呂や家族風呂などが楽しめ、疲れをリフレッシュできる。

●住所:田川郡赤村大字赤6933-1
●電話:0947-62-2911
●アクセス:「源じいの森駅」から徒歩約3分
詳細

バックナンバーを見る