季節のおススメ情報

ホーム の中の季節のおススメ情報 の中の福岡の島めぐり

福岡の島めぐり

福岡の島めぐり 北九州工場群夜景鑑賞バスツアー 夏の三大祭り

相島(あいのしま)

北東の長井浜海岸には五~六世紀頃に造られたと思われる石を積み上げて造られた古墳群の積石塚群(つみいしづかぐん)が、海岸に二百五十基ほど見つかっている。「万葉集」や「続古今和歌集」でも島の情景が詠われ、江戸時代には朝鮮通信史を迎える迎賓館が設けられていた。自然とともに古代の歴史にふれてみよう。

■住所/
糟屋郡新宮町大字相島
■周囲/
6.7キロ
■アクセス/
【船】新宮漁港→相島漁港(17分)

藍島(あいのしま)[筑前諸島]

北側にある貝島は大潮の時には陸続きになり、歩いて渡れるようになる。貝島に通じる海岸は、潮が引くと一面に畳を敷いたような広い岩盤が現れ、その美しい海岸は見どころ。十八世紀に響灘周辺では密貿易船が横行するようになり、監視のための遠見番所が置かれ、いまも旗柱台が残されている。

■住所/
北九州市小倉北区大字藍島
■周囲/
13.2キロ
■アクセス/
【船】小倉浅野桟橋→馬島→藍島漁港(35分)
spot data
【藍島】
場所/北九州市小倉北区大字藍島
詳細

大島(おおしま)(筑前大島・宗像大島)[筑前諸島]

「宗像大社」は沖ノ島の沖津宮、筑前大島の中津宮、宗像市田島の辺津宮の三社の総称で、全国に六千以上ある宗像神社の総本山。古くから海上・交通安全の神として信仰され、世界遺産暫定リストにくわえられている。中津宮のある大島では、海釣りや海洋体験が楽しめる「うみんぐ大島」がオープンし、話題を集めている。

■住所/
宗像(むなかた)市大島
■周囲/
16.5キロ
■アクセス/
【船】神湊(こうのみなと)港→大島漁港[客船/15分][フェリー/25分]

姫島(ひめしま)[筑前諸島]

日本百景に選定されている風光明媚な島。ここにある「産の穴(うそのあな、うぶのあな)」は、姫島神社に祭られる豊玉姫命と生島神社の女神が生まれた場所とされる。幕末の歌人で女性勤皇家の野村望東尼が幽閉されていた島としても知られ、姫島から見る周囲の眺めは昔から姫島八景といわれるほど美しい。

■住所/
糸島市志摩姫島
■周囲/
3.8キロ
■アクセス/
JR筑前前原駅からバスで25分→岐志港→姫島港(16分)

バックナンバーを見る