季節のおススメ情報

ホーム の中の季節のおススメ情報 の中の秋の日本庭園めぐり

秋の日本庭園めぐり

秋の日本庭園めぐり 秋の日本庭園めぐり 山本作兵衛の残した炭坑絵画・日記 日本初の世界記憶遺産に登録

旧亀石坊庭園 (田川郡添田町)

英彦山神宮の参道から少し離れたところにある庭園。室町時代の画僧・雪舟が、中国から帰国後、亀石坊に滞在し、一四七九年(文明十一)にこの庭園を築いたと伝えられている。広さ六九九平方メートルに山林を借景とした配石や池のたたずまい、苔むした岩や古木が他の庭園に見られない長い歴史を感じさせる国指定名勝の庭園だ。

■住所/
田川郡添田町英彦山1346
■時間/
入園自由
■電話/
0947-85-0026(鬼丸さん宅)
■アクセス/
JR「彦山駅」から添田町営バス彦山神宮下または豊前坊行きで「神宮下」下車、徒歩2分

大濠公園日本庭園 (福岡市)

大濠公園開設50年を記念して、福岡県が1984年(昭和59年)に築庭した。白壁の築地塀と樹林に囲まれた一万二千平方メートルの園内には、大池と築山の大池泉庭、曲水の流れ、枯山水庭、数寄屋造りの茶室と露地庭などが配置された築山林泉廻遊式の優美な大庭園。そのほか池泉を廻る園路には様々な自然の風景が再現されており、風情ある散策を楽しむことができる。

■住所/
福岡県福岡市中央区大濠公園1-7
■時間/
9月~5月/9時~17時(入園は16時45分まで)
6・7・8月/9時~18時(入園は17時45分まで)
■入園料/
大人240円、15歳未満120円
■休園/
毎週月曜日(月曜日が休日の場合はその翌日)12月29日から1月3日まで
■電話/
092-741-8377(日本庭園窓口) 092-741-2004(西公園管理事務所)
■アクセス/
福岡市営地下鉄「大濠公園」下車。徒歩約10分
spot data
【大濠公園日本庭園】
場所/福岡市中央区大濠公園1-7
詳細

旧松本邸 (北九州市戸畑区)

アールヌーヴォー様式の洋館が優美な旧松本邸は、明治期に事業家・松本健次郎が自宅兼迎賓館として建設したもので、国の重要文化財に指定されている。通常は入場できないが、毎年二回、春と秋の特別公開(無料・要事前申込)時に入場が可能。洋館の南には、金毘羅山を背景にした築山式庭園が広がり、四季折々の表情を見せる。庭から眺める洋館もまた美しい。

■住所/
北九州市戸畑区一枝1-4-33
■電話/
093-871-1031
■入園/
要事前申込
■アクセス/
JR戸畑駅より車で約7分。西鉄バス「明治学園前」より徒歩3分

※今秋の特別公開はhttp://www.nkc.or.jp/で告知

遍照院庭園 (久留米市)

久留米繁華街のほど近くに十七の寺社が集まった寺町がある。静寂な一角にある遍照院は、勤皇志士・高山彦九郎(1793年没)の墓をはじめ、幕末の有志らの墓が祀られている。境内には、平安風の坪前栽枯山水などを組合わせた回遊式庭園と茶室があり、秋は紅葉を楽しむことができる。また、久留米藩の有馬内蔵助家老邸にあった六地蔵(1493年)や石仏八十八ヶ所もぜひ訪ねてみよう。

■住所/
久留米市寺町56
■時間/
9時~17時
■電話/
0942-32-8794
■アクセス/
西鉄久留米駅から徒歩で約10分

バックナンバーを見る