福岡県観光情報 クロスロードふくおか

九州オルレ 韓国で大人気の「オルレ」自然を五感で感じ取る旅

九州オルレって何?

「オルレ」は韓国・済州島から始まったもので、もともとは済州島の方言で「通りから家に通じる狭い路地」という意味です。
九州オルレは、済州オルレの姉妹版。済州島と同じように九州には四季の美しい風景があり、トレッキングに適した山岳を五感で感じ九州の魅力を再発見しませんか?
オルレの魅力は、海岸や山など感じながら、自分のペースでゆっくりとコースを楽しむところにあります。

オルレの目印

コース内の要所には「カンセ」と呼ばれる済州島の馬をモチーフ にしたオブジェや青と赤のリボン、木製の矢印やペイントされた矢印などの標識を設置しています。目印に沿って歩きましょう。

  • リボンの画像

    リボン

    青と赤を結んだリボンはコースの目印です。

  • カンセの画像

    カンセ

    馬の頭が進行方向になります。

  • 石にペイントされた矢印

    石にペイントされた矢印

  • 木製の矢印の画像

    木製の矢印

    青の矢印は正方向、赤の矢印は逆方向になります。

福岡県のコース

福岡県のコースの地図
  • 01初級 八女コース
  • 02 中級~上級 宗像・大島コース
  • 03 中級~上級 久留米・高良山コース

オルレのエチケット

  • 1.民家の庭にみだりに入らない。
  • 2.人や個人のものを撮影するときは同意をもらう。
  • 3.ゴミは必ず持ち帰る。
  • 4.道沿いの農作物を勝手に採らない。
  • 5.道端に咲いている花や木の枝を採らない。
  • 6.民家付近等で大声で叫んだり、騒いだりしない。
  • 7.次に訪れる人のために、リボンを持ち帰らない。
  • 8.道案内の看板にはさわらない。
  • 9.未舗装の道は、決まった経路を通る。
  • 10.風景を楽しみながらゆっくりと歩く。
  • 11.車道を歩くときは、車に気をつけて歩く。
  • 12.コースから外れた急傾斜地等での危険な行動は控える。
  • 13.途中出会う旅行者や地元住民の方々と笑顔で挨拶を交わす。

01初級 ~広大な茶畑と古代文化をめぐる~ 八女コース

概要

広大に広がる茶畑の豊かな香りに包み込まれながら、丘陵地の緩やかな稜線に沿って歩く九州オルレ八女コース。福岡県の南東部に位置する八女市は日本でも最高級の緑茶として名を誇る玉露茶の産地で有名。韓国慶尚南道の巨濟島(コジェド)とは2012年から姉妹都市を締結して活発な交流をしてきた。

コースの流れ

コースは清流星野川を横に見ながら山の井公園からスタートして、八女古墳群の中で最後に作られた童男山古墳へ。星野川の北側、標高約180mの尾根上に、1191年に築かれた犬尾城跡を過ぎると、この道のハイライトとも言える、約65haの広大な敷地に一面に広がる八女中央大茶園に到着する。緑茶畑を抜けて行くと、ビンの蓋の開け方が珍しい昔ながらの飲料、ラムネを販売している江崎食品がある。ラムネを一口飲み、一息ついてから終点に向かって歩いて行くと、端正な姿をしている丸山塚古墳に出会う。まるで古墳を守っているかのように桜の木が古墳の周りに沿って並んでいる。そして歩いて来た道の景色を思い返しながら歩を進めると、いつのまにか終点に到着する。

イチオシスポット

  • 童男山古墳の画像

    童男山古墳

    巨石が並ぶ童男山古墳の石室は直接入って見ることが出来る。また、朱塗りの跡も残っている。

  • 八女中央大茶園の画像

    八女中央大茶園

    ここで生産されている八女茶は生産から販売まで共同事業で着々と実績を上げている集団茶産地。

コースマップ

コースデータ

距離/
11km
所要時間/
3-4時間
難易度/
初級
問い合わせ/
八女市観光推進課
TEL/
0943-23-1192
八女コース地図

地図を拡大する

スポット案内

  • 山の井公園の画像

    1.山の井公園

    公園南側には星野川の清流が展望できるなど、自然に囲まれた公園で上流にある山の井堰の人柱になった中島内蔵助の偉業を称えた記念碑もある。

  • 童男山古墳の画像

    2.童男山古墳

    北部九州を統治していた筑紫君磐井一族の最終末を飾る墓である。6世紀後半に築造された大型円墳で、石室の長さは18mもある横穴式石室です。秦の始皇帝から不老不死の薬を探すように命じられた徐福伝説が残されている。

  • 八女中央大茶園の画像

    3.八女中央大茶園

    茶どころ八女を代表する茶園で、見渡す限り一面に茶畑が広がり、まるで緑のじゅうたんを敷き詰めたようだ。展望所からは八女市街が一望でき、晴れた日には有明海や島原半島を望むことが出来る。

  • 丸山塚古墳の画像

    4.丸山塚古墳

    6世紀後半に築造された、彩色された装飾を持つ国指定の史跡の大型円墳である。春には桜も咲き誇り、ベンチに座り正面に見える飛形山と八女市街地の眺めを楽しむことができる。

さらにコースの情報を見る

スタート地点へのアクセス

01:
福岡空港
JR博多駅(JR九州鹿児島本線下り)
JR羽犬塚駅
<堀川バス>
上山内バス停下車
山の井公園(徒歩2分)
02:
福岡空港
西鉄福岡駅
西鉄久留米駅
<西鉄バス>
福島バス停
<堀川バス>
上山内バス停下車 
山の井公園(徒歩2分)
03:
福岡空港
太宰府インター(九州自動車道下り)
 八女インター又は広川インターを下りて約20分

02中級~上級 ~世界遺産候補と島の自然に触れる~ 宗像・大島コース

概要

九州オルレコースの中で唯一船に乗って入る、県内最大の島にある宗像・大島コース。
天然の自然景観と深い歴史を感じる事が出来る大島は、世界文化遺産候補地のひとつ。宗像市神湊港渡船ターミナルからフェリーに乗って約25分。島の後ろに高くそびえ立つ御嶽山の雄壮さが出迎えてくれる。

コースの流れ

スタートしてまもなく宗像大社中津宮に着く。宗像三女神の一女神、湍津姫神(たぎつひめのかみ)を祀られている神社である。境内の両側には牽牛神社と織姫神社があり、牽牛織姫の伝説が伝えられている。神社を過ぎると大島の最高峰、御嶽山の山頂に登 るための多少急な山道が始まる。山頂の展望所に到着すると、島ならではの四方が海に囲まれている景観を一望できる。ここからの道は物静かな林道へ。森と自分だけがいるような感じのこの道は何も聞こえてこず、自分の心の声だけが聞こえて来るようだ。そして林道を抜けると、大島で最もロマンティックな場所として知られている風車展望所まで至る道がある。そこは、ススキと海と空がすばらしい調和を生み出し、思わず嘆声が上がる風景が広がる。風車展望所を過ぎ振り向いてみると、玄海灘が目の前に広がり、心の底まで開放感を感じさせてくれる。展望所からは下りの道が続き、沖ノ島遥拝所に至る。沖ノ島遥拝所はまるで海上に浮かんでいるようで、島の神秘さを増す。そしてゴールへ向かう道は静かな町並みが続く。

イチオシスポット

  • 宗像大社中津宮の画像

    宗像大社中津宮

    宗像三女神の一女神、湍津姫神(たぎつひめのかみ)を祀られている。境内の牽牛神社と織姫神社を結ぶように天の川を意味する川が流れる。

  • 風車展望所・砲台跡

    風車展望所・砲台跡

    歴史を感じさせる砲台跡周辺にある、大島で最もロマンティックな場所、風車展望所からは玄界灘を一望することができる。

コースマップ

コースデータ

距離/
11.4km
所要時間/
4-5時間
難易度/
中~上級
問い合わせ/
宗像市商工観光課 TEL:0940-36-0037 おおしま観光案内所 TEL:0940-72-2226
宗像・大島コース地図

地図を拡大する

スポット案内

  • 宗像大社中津宮の画像

    1.宗像大社中津宮

    宗像市に建立されている宗像大社は三女神を祀る神社で神の霊験が強く、多くの人が様々な安全祈願のために訪れる有名な観光地である。宗像大社中津宮は辺津宮から沖へ約10kmにある大島に位置し、宗像三女神の一女神、湍津姫神(たぎつひめのかみ)が祀られている。境内には七夕伝説が伝わる天野川が流れ、川の左右の丘には織姫神社と牽牛神社がある。
  • 御嶽山山頂展望所の画像

    2.御嶽山山頂展望所

    大島最高峰の御嶽山(標高224m)の山頂に展望所。天候の良ければ、福岡タワーや北九州市の工場群、背振山、英彦山、遠くは壱岐・対馬を望むことができる。離島ならではの四方を海に囲まれた景色は壮観である。

  • 風車展望所・砲台跡の画像

    3.風車展望所・砲台跡

    昭和11年に九州北部沿岸の防衛強化のために完成された砲台。砲台が備えられていたコンクリートの基礎部分は今も残っているのでその痕跡を見ることができる。砲台跡周辺には、大島で最高のロケーションである風車展望所で玄界灘を一望することができる。春には菜の花、夏にはひまわり、秋にはコスモスが満開となる。

  • 沖ノ島遥拝所の画像

    4.沖ノ島遥拝所

    大島北岸の岩瀬海岸には、沖ノ島遥拝所がある。大島沖合50km先にある沖ノ島は田心姬神の御神体として'神の島'と言われ、現在でも女人禁制になっている。この遥拝所は沖ノ島に行くことができない女性らが宗像大社沖津宮を参拝するために建てられたもの。

  • かんす海水浴場の画像

    5.かんす海水浴場

    大島の海水浴場で夏季シーズンでは島外から多くの観光客がリゾートに訪れ賑わう。また、かんす海水浴場から眺めることができる'夢の小夜島'は、海中で立つ朱色の鳥居と島を覆う松の緑が美しいコントラスト見せている。引き潮の時は大島と陸地繋がりになって渡る事ができる。かつて連歌師宗祇の筑紫紀行にも歌われた島です。

さらにコースの情報を見る

スタート地点へのアクセス

01:
福岡空港または博多港
<地下鉄>
JR博多駅
<鹿児島本線小倉行>
JR東郷駅
<西鉄バス神湊波止場行>
神湊港フェリーターミナル
<市営渡船大島行>
大島港フェリーターミナル
02:
北九州空港
<空港エアポートバス>
JR小倉駅
<鹿児島本線博多行>
JR東郷駅
<西鉄バス神湊波止場行>
神湊港フェリーターミナル
<市営渡船大島行>
大島港フェリーターミナル

03中級~上級 ~宮高良大社の歴史と筑後平野の絶景を感じる~ 久留米・高良山コース

概要

久留米・高良山コースは、工業都市である久留米が大切にしている高良山を中心に広がっている。

コースの流れ

コースはJR久留米大学前駅から始まり、市内を通り抜け高良山へ移動する。高良大社の石造大鳥居をくぐり、神さまが手を洗われたと伝わる御手洗池を通り参道へ。今人気の愛のパワースポットの夫婦榊と愛のさざんか、あじさい園も見所のひとつ。その先には全国で4箇所と非常に珍しい国指定天然記念物の孟宗金明竹林が広がる。霊水が湧く聖地で高良大社の奥宮「奥の院」を通り、約100種のつつじを楽しむことができる久留米森林つつじ公園に到着。夏目漱石の句碑を後にして筑後国一の宮高良大社へ。社殿は九州最大級の大きさを誇り、国の重要文化財である。雄大な筑後川や筑後平野を眼下に望む景色は格別だ。

イチオシスポット

  • 夫婦榊、愛のさざんかの画像

    夫婦榊、愛のさざんか

    今人気の「愛のパワースポット」。手を取り合う夫婦のように見える「夫婦榊」と復縁の愛の力を感じる「愛のさざんか」

  • 高良大社の画像

    高良大社

    西暦400年に創建された歴史ある高良大社。現社殿は国指定の重要文化財。

コースマップ

コースデータ

距離/
8.6km
所要時間/
3-4時間
難易度/
中~上級
問い合わせ/
久留米市観光・国際課
TEL/
0942-30-9137
久留米・高良山コース地図

地図を拡大する

スポット案内

  • 夫婦榊、愛のさざんかの画像

    1.夫婦榊、愛のさざんか

    2本の木が枝でつながり、手を取り合う夫婦のように見える「夫婦榊」や、二手に分かれた幹が途中で一つにつながっており、一度は心が離れたとしても結局は元に戻るような愛の力を感じる「愛のさざんか」と、今人気の「愛のパワースポット」。

  • 孟宗金明竹林の画像

    2.孟宗金明竹林

    金明竹(緑と淡い黄色が竹の節間に交互に現れた竹)は全国にあるが、孟宗竹はここを含めて全国で4ヶ所だけと非常に珍しく、国の天然記念物に指定されている。

  • 奥宮(奥の院)の画像

    3.奥宮(奥の院)

    霊水が湧く聖地で、高良大社の奥宮。諸願成就の神として民間の信仰がきわめて篤く、現在も「寅」の日には多くの参拝者が集う。

  • 久留米森林つつじ公園の画像

    4.久留米森林つつじ公園

    久留米つつじ約100種61,000株が植えられている憩いの公園。つつじ越しに見える筑後平野はまさに絶景。

  • 高良大社の画像

    5.高良大社

    厄除・延命長寿で名高く、西暦400年創建で延喜式明神大社・筑後一の宮など地域筆頭の格式を誇る。江戸期の現社殿は国指定の重要文化財である。ここからの筑後平野の眺めも見どころのひとつだ。

  • 妙見神社の画像

    6.妙見神社

    祭神:妙見菩薩(高皇産霊尊(たかみむすびのみこと))本殿へ通じる苔むした石段が神秘的。学業成就や受験合格のご利益を求めて多くの参拝客が訪れている。

  • 王子池の画像

    7.王子池

    池では、花火が蜂のように噴き出す県指定無形民俗文化財の花火動乱蜂が毎年9月15日に行われる。また、池周辺では多くの桜の開花を楽しめる。

さらにコースの情報を見る

スタート地点へのアクセス

01:
福岡空港
<地下鉄5分>
JR博多駅
<九州新幹線18分>
JR久留米駅
<久大本線普通列車10分>
JR久留米大学前駅(スタート)
<久大本線普通列車2分>
JR御井駅(フィニッシュ)

福岡県内の九州オルレ特集を見る